ズワイガニの特徴を知ろう!【生態・調理法】

ズワイガニ

 

ズワイガニには、大きく分けて3つの種類があります。

 

本ズワイカニ

まずは本ズワイガニと呼ばれているズワイガニですが、
この本ズワイガニは、日本国内で最もたくさんの量が捕られているカニなのです。
本ズワイガニは、ゆでた時にオレンジ系の色に変わります。
ゆでた本ズワイガニは甘い風味があり、柔らかい身肉というのが特徴です。
本ズワイガニは日本各地で呼び名が異なるカニとしても知られています。
その中でも越前ガニと松葉ガニが代表的なブランドと言えるかもしれません。
越前ガニは、福井県で獲れる本ズワイガニのことであり、
松葉ガニは、京都府、兵庫県、島根県や鳥取県を産地とする本ズワイガニのことをいいます。

 

大ズワイカニ

ズワイガニの2つ目の種類として、大ズワイガニと呼ばれているズワイガニがいます。
この大ズワイガニは、日本産のものは極めて少なく、
ロシアなどのより北にある水温の低い海域にて獲れるズワイガニです。
オオズワイガニは、本ズワイガニと比較すると身が赤いことと硬めの身肉であるという特徴があります。
甘みの点では本ズワイガニに若干劣るかもしれませんが、旨みの点では引けをとらないとも言われています。
そして大ズワイガニという名前の通り、本ズワイガニよりも大きなサイズのため、高値がつくこともあります。

 

紅ズワイカニ

そしてズワイガニの3つ目の種類として、紅ズワイガニがいます。
紅ズワイガニは、本ズワイガニや大ズワイガニと比較すると風味の点で劣ると言われています。
そのため、安価で購入できるカニとしておなじみです。
紅ズワイガニは身が小さいこともあり、食べられる部分が少ないというのもその理由のひとつでしょう。
ただし、紅ズワイガニの中にはしっかりと身肉が詰まったものも存在しており、
その紅ズワイガニの風味は本ズワイガニや大ズワイガニにも勝るという意見もあるようです。
鍋にそのまま入れるのが一番簡単に味わうことができますが、
かにみそを焼いて食べるのもまた格別なものがあるようです。